ハンドガードって、知っていますか?

モーターサイクル、いわゆる「オートバイ」の世界ではとてもメジャーなアクセサリーの一つ、ハンドガード。特にオフロード・モーターサイクルでは必需品とも言われているアイテムです。種類も豊富で、素材も様々。選び始めたらきりがないほどの存在です。ブッシュガードとも言われ、ウッズライディングには欠かせないアイテムの一つです。転倒時にレバーを折損から守る、という機能面も注目されていますから、万が一の転倒でブレーキレバーを失って家に帰れなくなるような事態に陥らないためにも、必ずハンドガードをつけておく、といったライダーも少なからずいるという訳です。

ところが、自転車の世界ではマイナーですよね。ハンドガード。存在しないわけではないのですが、ほぼ取り付けている人はいない。自転車は、何よりもまず軽さが注目されることと、ほとんどのライダーはクロスカントリーというよりはシティランかコースライドで、フリーにウッズを走るような機会が少ないことが理由ではないかと思われます。たしかに、ハンドル周りに余計な重さをつけたくないですしね。わかります。オートバイでも、軽さ重視派は「オープンエンド」と言われる、軽量でフレキシブルなタイプを好む方も少なくありません。

 

けれども。

 

ファンティックのeMTBに乗ると、趣が変わります。まず、パワフルですから、あまり重さを気にする必要がありません。これはハンドガードに限ったことではないのですが、軽量化にこだわって装備を削るよりは、モーターが与えてくれるトルクを生かして楽しんだ方がいい、という発想によるものです。楽しむ方向に大きく振って、根底からこれまでの自転車の遊び方を変えてしまおう、というのがファンティックのバイクです。

また、スタイルの重視、もあります。もちろんハンドガードのあるスタイルが好きかどうかは人それぞれ。けれども、これまで取り付けようということすら眼中になかった世界に、バラエティ豊かな商品が入ってきたら気になりませんか?取り付けてみたくなりませんか?しかも、そこには十分以上の機能が隠されているのですから。

そう、もう一つの大きな理由が、機能です。ファンティックのeMTBは、乗る場所、遊ぶ場所がこれまでとは大きく変わっていきます。登ろう、なんて思いもしなかったところをルートに選べるバイクですから、普通の林道を走っていても、ついつい普段なら避けて通るような山肌や、深いブッシュ、ウッズにもつい目を向けてしまうのです。そうなると、はい、ハンドガードの出番です。立ち木や草の存在を気にしないで突っ込んでいくことができてしまいますから、極めて有力な遊びのサポートアイテムと言えるわけです。

 

eMTBがどんどん市民権を得て、遊びのスタイルが変わってきたヨーロッパには、早速ハンドガードが用意され始めています。今はまだそれほど大きなムーブメントにはなっていませんが、いずれ広がるはず。そう見て先鞭をつけたのはやはりモーターサイクル向けで名をはせたメーカーでした。アチャルビス。イタリアのアクセサリーメーカーです。モーターサイクル向けの商品では歴史も古く、よく知られたネームです。アチャルビスは近年、MTBのグッズにも力を入れ始めており、昨年11月にイタリア・ミラノで開催された国際モーターサイクルショーでも積極的にMTBグッズを展示、紹介していました。今では自転車(MTB)専用のウェアやヘルメットなども用意し始めています。

 

そのラインアップに、つい最近加わったのが、このハンドガードです。

https://www.acerbis.com/motorsport/en/product/mtb/accessories/0024489#a_page

日本にも到着しましたので、早速装着してみました。

今回用意したのはホワイト&ブラック。先のホームページにもあるように、アチャルビスでは、本体のカラーを4色(写真の白い部分、白のほかに黒、オレンジ、青)にチップのカラーを4色(写真の黒い部分、黒のほかに白、オレンジ、黄)用意し、その組み合わせから選ぶことができる仕組みになっています。装着してみたXF1 Integra 160 Enduroはボディカラーが赤/黒でしたので、ハンドガードも赤いものがあれば欲しい所でしたが、やむを得ないので白/黒の組み合わせを取り付けてみました。きれいにフィットしていますよ!同じファンティックのモデルでも、イエロー/ブラックのボディカラーのモデルなら、ぴったりの色合いのハンドガードも選べます。

左右でこんな感じ。取り付け部分も含めてオールプラスティックなので重さもほとんど感じませんし、あまり人がつけていないだけでもちょっと優越感がありますね。もちろん、機能は十分です。先日お邪魔したスキー場のような、背の高い夏草が生えているところを掻き分けるように走るときなど、非常に有効ですね。フリーライドイベントで走行した富士見高原も、ウッズ区間は左右から木々がしなだれかかってきている狭いトレイルが少なからずありましたから、そんなところも枝が手にヒットする心配がなくなり、一安心です。

 

ファンティックのeMTBにぴったりのアチャルビス製ハンドガード、ショールームでも取り扱っています。お取り寄せも可能。

Acerbis X-ELITE Hand Guard エックス・エリート ハンドガード。希望小売価格:5800円(税別)。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です